美人な服しか作りません宣言!

この品番の糸は揃えておいてください

この品番の糸は揃えておいてください

私は二子玉川に住んでいるのですが、

ちょっとした手芸タウンなので、生地屋さんや手芸洋品店が揃っています。

 

糸やファスナーなどは、生地の色に合わせないといけないので、買い置きができません。

手芸屋さんが近くにあると、そういったものをさっと買いに行けるので、とても便利です。

 

ですが全国的に手芸屋さんの数は減少傾向、、、

近くにお店がないと、困りますよね〜

 

何か作りたいと思っても、糸が無いと始められない。

 

 

そこでおすすめしたいのが、定番色の買い置き!

この4本の糸を持っておくと、かなりの生地に適応します。

シャッペスパン 普通地用

  • 108番
  • 131番
  • 生成り

洋裁教室のブログ

 

108と131番は両方ともベージュ系ですが、

様々な生地に不思議としっくり馴染むんです。

 

ナチュラル系の生地はもちろん、カーキ、茶系、ピンク系、黄色系などにも使えます。

洋服の生地は、原色に近い色はほとんどないので(子供服は別です)、

どの色もベージュ系に寄っています。

 

色合い(色相)は違っても、明るさ(明度)と鮮やかさ(彩度)が合っていれば、糸は生地に馴染みます。

108と131は、服地に多い明度や彩度ということなんだと思います。

 

反対に意外と使わないのが「白」

ほとんどの白地は、黄味を帯びているので、「生成り」を使います。

病院のシーツのような青みを帯びた白地以外、「白」の糸は使いません。

 

糸の種類や選び方はこちらのブログで詳しくご紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね!

1分でミシン糸を選ぶための5つのルール

 

 

===================

東京青山の初心者向け洋裁教室「ピボット」

港区南青山2-25-9-101(外苑前駅前)

レッスンについてお気軽にお問い合わせください

info@pivotpattern.com