美人な服しか作りません宣言!

「右手に目打ち」だけで確実にミシンが上手くなります!

「右手に目打ち」だけで確実にミシンが上手くなります!

2018/2/2

私は母の影響で子供の頃から布遊びを覚え、大学時代に本格的に洋裁を習うようになるまで、

長い間自己流で楽しんでいました。

その間

「ミシンがなかなか上手くならないな〜」

とずっと思っていたんです。

 

同じような悩みを持っている方がいらしたら、嘘だと思ってこれだけやってみてください。

右手に目打ちを持つ!

私も長年目打ちを使っていませんでした。

慣れないうちは面倒ですよね〜

 

でも洋裁を本格的に習うようになって、

「なぜ今まで使っていなかったんだー!」と後悔したんです。

 

ミシンは性質上、生地を縫い合わせる際にズレが生じます。

下だけに送り歯があるので、下の生地だけ運ばれて、上の生地がおいていかれるからです。

ずれないように、両手で生地を引っ張るクセが付いている方が多いのですが、それは間違い!

目打ちで生地を送るが正解です!

 

目打ちには

生地を送る

生地の方向を変える

生地をいせ込む

などなど、いろんな役割があります。

それを指でやるのは、太すぎで不可能です。

左手も生地を引っ張るのではなく、添えるイメージです。

 

教室の生徒さんも、目打ちを持つ習慣が無い方がほとんど。

ですが、しばらく使っていくうちに、

「目打ちでミシンが上手になりました!」

「目打ちを持っていないとミシンが踏めない!」

と言われます。

 

目打ちは100円ショップのもので充分です。

アイロンの時にも使うので、何本か持っておいてください。

100円ショップの手芸用品も結構使えるんですよ!

こちらのブログもご参考に

100円ショップの手芸用品は使える?

 

===================

東京青山の初心者向け洋裁教室「ピボット」

港区南青山2-25-9-101(外苑前駅前)

レッスンについてお気軽にお問い合わせください

info@pivotpattern.com

美人服型紙の「ピボットパターン」

着る人を美しく見せる美人服の型紙です

===================