美人な服しか作りません宣言!

チュニックで本当に体型カバーができている⁈

チュニックで本当に体型カバーができている⁈

チュニックとは、腰丈や膝上丈のシンプルな形をした、ジャケットやブラウスのこと。

 

流行服として登場したものですが、

「お尻を隠せる便利なアイテム」

という意味合いで、すっかり定番になっています。

 

でもチュニック、

実は決して、体型をカバーできるアイテムではないんです!

 

丈が長いということは、上半身が重く見えるということ。

全体のバランスが悪くなってしまうんです。

 

ですので、チュニックは

  • 背が低く見える
  • 足が短く見える
  • ウエストが締まって見えない

と、あまり良いところが見つかりません。

 

お尻を隠せば安心と思いきや、実は欠点を強調しまっているのです!

隠せば良いってものではないんですね。

 

 

そもそも、なぜお尻だけそんなに隠さなくてはいけないのでしょうか。

 

お尻の形に自信のある人なんて、ほとんどいません。

外国人モデルのように、キュッと引き締まって、

上に向いている美尻なんて、普通の日本人には無理です。

 

隠したところで、服の上からお尻のサイズは分かりますし、

お尻の形なんて、誰も気にしません。

 

お尻は隠すより、バランスの良いコーディネートを考える方が得策です!

 

お尻にコンプレックスのある人にオススメ!

ボリューム控えめのスカート

腰回りにボリュームのあるスカートは向きません。

特にギャザースカートはNG。

セミタイトスカートか、ボリュームの少ないフレアスカートおすすめ。

 

美尻パンツ

お尻が綺麗に見えるパンツを一本持っておくと、とても重宝します。

ワイドパンツの場合は、ハリがなく、トロミのある素材を選びましょう。

 

トップスの丈

思い切って、お尻が見える丈に挑戦してみましょう!

あまり短い丈もお尻を強調してしまうので、

ヒップの一番張ったところの、少し上ぐらいがおすすめです。

 

トップスの素材と色

トップスに重量感があると、下半身は細く見えます。

フワッとしたシルエットのブラウスや、ツイードのジャケットなどがおすすめです。

トップスに濃いめの色も持ってくると、上半身に視線が注がれます。

上半身が主役となるコーディネートで、

スッキリした印象のボトムを合わせると、良いバランスになります。

 

 

でもやっぱりお尻は隠したい、、、

という人のために、ピボットは考えました!

 

前は短め、後ろは長めになったブラウスです。

フレアがたっぷり入っていて、高級感のある仕上がり。

 

どんな体型の方にも、どんな年齢の方にもおすすめできるアイテムです。

東京青山の初心者向け洋裁教室ピボットの開襟シャツのサンプル

 

こちらのブラウスは、教室のレッスンでお作りいただけます。

洋裁教室「ピボット」で、体型カバーができるブラウスを作ってみてください。

 

===================

🔷東京青山の初心者向け洋裁教室「ピボット」

港区南青山2-25-9-101(外苑前駅前)

レッスンについてお気軽にお問い合わせください

info@pivotpattern.com

 

🔷美人服型紙の「ピボットパターン」

着る人を美しく見せる美人服の型紙です

===================