10分の1のコスト作る美人服!

仕上がり線は書きません!しつけもしません!

仕上がり線は書きません!しつけもしません!

ピボットでは、仕上がり線は書きません!

ほとんどの場合、しつけもしません!

 

他の洋裁教室に通った経験のある方にはびっくりされます。

 

「えー!そんなので服が仕上がるんですか?」

「仕上がり線がないと不安です!」

とおっしゃられます。

 

ピボットでは、既製品に近い縫い方をするので、とてもスピーディーに仕上がるんです。

 

縫製工場では、仕上がり線は書きません。

しつけもしません。

まち針もほとんど使いません。

 

もちろんアイテムによっては、工業製品でも手間暇をかけて作られます。

上質なジャケットやコートなどは、とても丁寧に作られているはずです。

 

ですが、教室で皆さんが作られるような、裏地の無いブラウスやワンピースなどは構造がシンプル。

出来上がり線を描かなくても、きちんと仕上げらえます。

 

誤解しないでいただきたいのですが、いい加減に作っているんじゃありません!

型紙や裁断の段階で精巧に作業するので、縫う段階では手間が省けるということです。

 

なぜ仕上がり線を書かないのか?

型紙に縫い代を付けます。

それに沿って、正確に生地を裁断します。

 

ですから、あとはミシンのメモリに沿って縫うだけ。

 

仕上がり線を描く必要がないんです。

仕上がり線を、仕付け糸で切り字付けをしたり、チャコペーパーで書いていくのは、とても時間がかかります。

 

それを省くだけで、一回のレッスンを省略できます。

 

なぜしつけをしなくてもいいのか?

右手に目打ちを持って、上手にミシンがかけられるようになると、しつけをしなくてもずれないんです。

二枚の布を正確に縫い合わせできるようになります。

 

パーツによってはしつけが必要ですが、直線縫いに関しては不要です。

 

ピボットのお客様は、初心者の方がほとんど。

ミシンは家庭科の授業以来という方も多いです。

 

初心者の方には、最初から正しいミシン縫いを覚えてもらいたいです。

ですので、ちょっとしつこく「右手に目打ち」と言わせてもらっています。

 

皆さんはじめは、目打ちを持つのが面倒な様子ですが、3回目のレッスンぐらいになると、目打ちがないとミシンが掛けられないとおっしゃいます。

 

目打ち使いが上手になると、待ち針の数も減らせます。

縫い終わりと合印だけ止めておけば、目打ちで生地を送りながら、きちんと縫うことができます。

 

なので、ものすごくスピーディーに仕上がるんです!

皆さんピボットの速さにびっくりされます。

 

洋服作りに決まったルールはありません。

 

仕立屋さんのような丁寧な服作りも素晴らしいと思います。

切りじつけをして、仮縫いを繰り返す方法は、身体にぴったりの洋服が完成します。

完成までに数ヶ月を要しますが、完成度の高い洋服が完成します。

 

ですが、スピーディーに仕上げて、どんどん洋服を作っていくのも楽しいです。

スピーディーな方法を望まれる方は、ぜひピボットにお越しくださいね!

 

===================

🔷東京青山の初心者向け洋裁教室「ピボット」

港区南青山2-25-9-101(外苑前駅前)

レッスンについてお気軽にお問い合わせください

info@pivotpattern.com

 

🔷美人服型紙の「ピボットパターン」

着る人を美しく見せる美人服の型紙です

===================