美人な服しか作りません宣言!

あなたはシャツ派?カットソー派?

あなたはシャツ派?カットソー派?

突然ですが、

あなたはシャツ(ブラウス)派ですか?

それとも、カットソー派ですか?

 

私は断然シャツ派です。

なぜなら、シャツの方が美人に見えるから!

 

インナーとしてのカットソーは、毎シーズン何枚か持っていますが、カットソーを表に着ることはほとんどありません。

 

 

カットソー vs シャツ

カットソーの良い点

  • 洗濯機で洗える
  • 着心地が楽

カットソーの悪い点

  • 体型を隠せない
  • リラックスした印象になる
 

シャツの良い点

  • 体型をカバーできる
  • きちんとした印象になる
  • 衿があると小顔に見える

シャツの悪い点

  • アイロンがけが必要
  • 着心地があまり良くない
 
カットソーは着心地が良くて、お洗濯も楽。つまり楽ちんなアイテム。
 
ですが、ファッション的にはシャツのが格上です!
体型カバー効果が高く、きちんとおしゃれな印象になるのはシャツ。
 
もちろん、素敵なカットソーも多数存在します。
仕事着としても使える上質なカットソーもありますよね。
 
でも、カットソーを素敵に着こなすのは難しいもの。
楽をしたいなら、シャツの方がコーディネートが簡単です。
 
 
でもやっぱりシャツは面倒、、、
というならば!
 
こんな工夫をしてみてはいかがですか?
 

シャツやブラウスを楽に着るための工夫

① アイロンの要らない素材を選ぶ

シワ感を楽しむ麻は最高に楽な素材です。
化繊が混紡された素材もシワになりにくいのでおすすめです。
 
東京青山の初心者向けマンツーマン洋裁教室、外苑前、表参道、港区
麻100%のカジュアルシャツ
こちらのデザインは教室のオリジナルデザインです。
 

② シャツではなく付け衿

重ね着する場合、コーディネート的に欲しいのは衿だけ。
だったらシャツではなく付け衿が便利です。
 
東京青山の初心者向けマンツーマン洋裁教室、外苑前、表参道、港区東京青山の初心者向けマンツーマン洋裁教室、外苑前、表参道、港区
こちらの付け衿は、洋裁教室ピボットの体型レッスンのメニューです。
 
 
シャツにもカットソーにも良い点悪い点がありますが、楽だからカットソーという発想は危険!
どんどんファッション感度が下がってしまいます。
 
”誰も見てないからいい”というセリフ。
それはとても危険です!
 
みんな見てますよ〜👀
 
ただ通り過ぎるだけの人でも
”冴えないおばさんだな〜”
なんて印象を持たれたら、とても悲しいです。
 
近所にしか出歩かない日でも、自分のドレスコードは死守したいですね!
 

 

===================

🔷東京青山の初心者向け洋裁教室「ピボット」

港区南青山2-25-9-101(外苑前駅前)

レッスンについてお気軽にお問い合わせください

info@pivotpattern.com

 

🔷美人服型紙の「ピボットパターン」

着る人を美しく見せる美人服の型紙です

===================