美人な服しか作りません宣言!

得意なテイストは​​​​​​ 50s60s

得意なテイストは​​​​​​ 50s60s

ピボットの洋服作りで得意なテイストは​​​​​​、

50s60sクラシック!

 

オードリー・ヘップバーンやジャクリーヌ・ケネディがお手本です。

 

写真は、子供の入学式用に作った60年代風のワンピース。

ローウエストに切り替えがあって、一見スーツに見せるデザインです。

 

5年前のものですが、クラシカルなデザインは色褪せません!

 

トレンドの洋服は、3年も経てば飽きてしまいますが、

クラシックなデザインは息が長いです。

 

毎年春先にヘビロテしていますが、全然飽きないんです。

やっぱり、60年代ファッションはいいですね〜

 

 

50~60年代と言えば、戦後のファッションが確立された時期。

ディオール、ジバンシー、バレンシアガなど、天才デザイナーが活躍した華々しい時代です。

 

長い戦争から解放されて、ようやく訪れた平和な時代に、何の制約もなく、ファッションを謳歌できることの喜びが溢れています。

 

最近のコレクションは、話題性や社会性を盛り込むことで注目を集めようとしますが、この時代のデザイナーは、女性の美しさを真摯に追求していた気がします。
 

どんな色が、女性の肌を綺麗に見せるのか?

どんなカッティングが、女性の曲線的な身体を美しく見せるのか?

 

ただただ、女性の「美しさ」だけを追い求めて作られた洋服は美しい!

 

そんな訳で、私はこの時代の洋服が大好きです。

 

50s60sテイストは、たくさんサンプルを作っているので、またご紹介します〜

 

 

こちらのワンピースも、洋裁教室ピボットで作れます。

このデザインは初級〜中級ぐらいでしょうか。

 

今までにブラウスを何枚か作ったことがある方なら、大丈夫です。

 

ご興味のある方は、こちらまでご連絡ください。

nfo@pivotpattern.com

 

===================

🔹洋裁教室

東京青山の初心者向け洋裁教室「ピボット」

港区南青山2-25-9-101(外苑前駅前)

 

🔹型紙販売

美人服型紙の「ピボットパターン」

着る人を美しく見せる美人服の型紙です

===================