美人な服しか作りません宣言!

手作り服を垢抜けさせる3つのポイント

手作り服を垢抜けさせる3つのポイント

私は洋裁を趣味でやっている母の影響で、子供の頃から自然と布遊びを覚えたのですが、

大学時代に夜間の服飾専門学校に通うまで、ずっと自己流で洋裁をやっていました。

 

でも長年、

”自分で作る洋服は、なんだか冴えないな〜”

と思っていたんです。

 

既製品と比べるとどうしても野暮ったい。

ずっとそんな思いがあって、大学時代に専門的に習うことを決めたんです。

 

私と同じような思いを抱えている方も、きっと多いはずですよね!

 

手作り服が垢抜けない原因は、3つのポイントに集約されます。

 

手作りの洋服が垢抜けない理由

  1. 「デザイン」と生地が合っていない
  2. 「パターン」が良くない
  3. 「縫い方」が良くない

 

では、どうすればいいのか?

 

どの工程も経験が必要なので、すぐに上手くなるわけではありませんが、

日頃から下記のことを心掛けると作品はぐっと洗練されてきます!

 

==========================

手作りの洋服を「美人服」にするポイント

1. デザイン

 生地とデザインの相性が大切です。

既製服をたくさん見に行って、情報を仕入れましょう。

 

2. パターン

洋裁本の型紙はどれもゆったりシルエット。

自分で身幅を修正できるようになりましょう。

 

3. 縫い方

と伸び止めテープは、必要箇所に必ず貼りましょう。

キセとイセをまず習得しましょう。

 

==========================

 
以上が、野暮ったさから脱出して、洗練された洋服を作るポイントです。
どのポイントも経験値を上げなければ、すぐには上達しません。
 
でも「手作りはこんなものよ」なんて諦めずに、
完成度の高い服作りを目指していれば、
1作品ごとに確実にステップアップできます!
 
 
お友達から
「自分で作ったの?素敵ね〜」
と褒められるのではなく、
 
 
「その服どこで買ったの?素敵!」
と言われるのが最高の褒め言葉!
 
せっかく手間をかけて手作りするのですから、
既製品以上のものを作りたいですよね!
 
 
洋裁教室「ピボット」は、「手作り感のない手作り服」を目指しています。
レッスンについて、ご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

info@pivotpattern.com

 

===================

東京青山の初心者向け洋裁教室「ピボット」

港区南青山2-25-9-101(外苑前駅前)

レッスンについてお気軽にお問い合わせください

info@pivotpattern.com